メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 関学「監督の責任」 日大回答に反発 記者会見

 アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京)で日大守備選手が悪質なタックルをして関学大クオーターバック(QB)を負傷させた問題で、関学大アメフット部の鳥内秀晃監督(59)らが17日、兵庫県西宮市の大学施設で記者会見し、日大へ送った抗議文(10日付)への回答内容を明らかにした。回答では指導者による反則の指示を否定しつつも、具体的な経緯や反則プレーへの見解などは記されていない。同部は「疑問、疑念を解消できておらず、誠意のある回答とは判断しかねる」として、日大の24日までの再回答を踏まえて対応を決める方針を示した。

 日大側は回答で反則行為を謝罪し、「意図的な乱暴行為を行うことなどを選手へ教えることはない。指導方針…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです