メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未解決の女

波瑠主演ドラマ 第5話視聴率は11.5%

連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の制作発表会見に登場した波瑠さん

 女優の波瑠さん主演の連続ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が17日に放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、麻見和史さんの「警視庁文書捜査官」(角川文庫)が原作。“倉庫番”と陰口をたたかれている警視庁捜査1課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を舞台に、正義感あふれる刑事・矢代朋(波瑠さん)が、“文書解読のエキスパート”の頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香さん)とコンビを組み、未解決事件に挑む。沢村一樹さん、工藤阿須加さん、高田純次さん、光石研さん、遠藤憲一さんらも出演している。

 第5話は、厚生労働省の官僚・須賀勇蔵(児玉頼信さん)が、腹部大動脈りゅう破裂で死亡し、体内からモスキートペアンが見つかる。須賀は5年前に松河総合病院で大腸がん手術を受けており、ペアンはその際に放置されたものとみなされる。思わぬ形であぶり出された5年前の医療ミス疑惑が、一つの未解決事件にも光を当てる。実は手術の1週間後、同院の放射線技師・中尾勲(町井祥真さん)が刺殺される事件も起こっていた。当時、警察が手掛かりにしたのは中尾が最期に残した一文字の血文字の「も」だった。捜査は思いのほか難航し、事件は未解決になっていた……という展開だった。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]