メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮本から君へ

池松壮亮が自ら頭を丸刈りに! 衝撃シーン写真公開

連続ドラマ「ドラマ25『宮本から君へ』」第8話で頭を丸刈りにする池松壮亮さん (C)「宮本から君へ」製作委員会

 俳優の池松壮亮さん主演の連続ドラマ「宮本から君へ」(テレビ東京ほか、金曜深夜0時52分)で、主人公の宮本浩(池松さん)が自ら頭を丸刈りにする衝撃シーンの場面写真が18日、公開された。25日の第8話で、大手製薬会社の取引を巡り、ライバル会社の営業マン・益戸(浅香航大さん)に思わずつかみかかってしまった宮本が、反省の念から、同僚の田島(柄本時生さん)の家で自らバリカンで頭を丸刈りする……という本作にとって重要なシーンになっている。

 なお同シーンの動画は、18日深夜の第7話放送後に第8話の予告編として公開される。

 ドラマは、1990年代前半に多くの若者を魅了した新井英樹さんの同名名作マンガが原作。文具メーカー「マルキタ」の新人社員で、恋と仕事に不器用な宮本浩が、営業マンとして、人間として成長していく青春ストーリー。

 商業映画デビュー作「ディストラクション・ベイビーズ」(2016年)で高い評価を得た真利子哲也監督がメガホンをとり、脚本も執筆。主題歌は、原作者の新井さんが大ファンと公言し、主人公の名前の由来(ボーカルの宮本浩次さんから取られている)にもなっているロックバンド「エレファントカシマシ」の新曲「Easy Go」が採用されている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]