メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

立て看板を再び撤去 学生側といたちごっこ

立て看板が強制撤去された京都大吉田キャンパスの正門前。13日早朝に大学側が撤去したが、その後に学生らが再び立て看板を設置していた=京都市左京区で2018年5月18日、菅沼舞撮影

 京都大の吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板問題で、大学側は18日早朝、正門前などに設置されていた看板約20枚を再び撤去した。13日の最初の撤去後、学生らが保管場所から看板を取り戻すなどして再び掲げていた。規制を強化する大学側と反対する学生らの「いたちごっこ」の様相となっている。

 市から条例違反との指摘を受け、大学は今…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文317文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 負の連鎖断ち切る 児童虐待 親支援で再発防止
  2. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 土砂崩れ、川の大部分せき止められ水田に水あふれ出る 山形・鶴岡 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです