メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

本館メイン展示に「3日後の少女写真」

原爆投下3日後の広島市で国平幸男元記者が撮影し、原爆資料館本館入り口での展示が決まった少女の写真

 来春にリニューアルオープンを予定する広島市中区の原爆資料館本館の展示内容を検討する有識者会議が18日、同市内であった。入り口に展示される被爆の実相を表すメイン写真に、原爆投下の3日後に毎日新聞記者が撮影した少女の写真が選ばれた。原爆投下直後に人物を正面から捉えた写真は珍しく、人物が特定され被爆後の人生も伝えられる点などが重視された。

 写真は1945年8月9日、毎日新聞大阪本社写真部の国平幸男記者(2009年に92歳で死去)が、広島市中心部で撮影。腕を負傷し、うつろな表情で原子野にたたずむ少女を捉えた。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです