メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太平洋・島サミット

18日開幕 海洋政策での連携合意へ

太平洋・島サミットの歓迎レセプションで乾杯する河野太郎外相(中央)と各国首脳ら=東京都内のホテルで2018年5月17日午後7時40分、手塚耕一郎撮影

 日本と太平洋の島しょ国の首脳らによる「太平洋・島サミット」(福島県いわき市)の18日開幕を前に、河野太郎外相夫妻主催の歓迎レセプションが17日、東京都内のホテルで開かれた。

     サミットには17カ国、2地域が参加する。河野氏はレセプションで「気候変動や自然災害が深刻化し、北朝鮮問題や違法漁業など課題が多様化する中、ともに取り組むことがかつてなく重要になっている」と述べた。

     サミットは、日本政府主催で1997年から3年ごとに開かれている。今回は19日まで。各国首脳は、違法操業対策や港湾整備など海洋政策での連携で合意する見通しだ。【田辺佑介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
    2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
    4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
    5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]