メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車工業会

会長にトヨタの豊田章男社長 就任2度目

日本自動車工業会の新会長に就任した豊田章男・トヨタ自動車社長=東京都内で2018年5月17日午後5時17分、竹地広憲撮影

 日本自動車工業会(自工会)は17日開いた総会で、西川広人会長(日産自動車社長兼最高経営責任者)の後任にトヨタ自動車の豊田章男社長を充てる人事を決めた。豊田氏の就任は2012年以来2度目で、任期は2年。記者会見した豊田氏は、電動化や自動運転など業界を取り巻く環境変化に触れ、「100年に一度の変革期で生きるか死ぬかの戦いが始まっている。オールジャパンで乗り越えたい」と抱負を語った。

     米トランプ政権の保護主義政策など、貿易環境の変化にも業界は頭を悩ませている。豊田氏は「為替や輸出の先行きに不透明度が増している。通商問題を巡る建設的な議論が進むことを期待したい」と述べた。自動車大手など日本の製造業で品質を巡る不祥事が相次いでいる点にも触れ、「何かあれば焦らずに一度立ち止まって真因を追及することが日本ブランドの信頼回復につながる」と指摘した。【竹地広憲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
    3. 森友学園 籠池夫妻の保釈決定 補助金詐欺で大阪地裁
    4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
    5. 競泳 古賀淳也がドーピング陽性 アジア大会代表取り消し

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]