メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

「東芝メモリ」売却承認 中国当局、日米韓連合へ

東芝本社=古屋敷尚子撮影

 東芝は17日、経営再建のために進めていた半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却が6月1日付で完了すると発表した。最大の関門だった中国の独占禁止法の審査で売却が承認されたため、計画通り米ファンドのベインキャピタルが主導する「日米韓連合」へ2兆円で売却する。東芝は1兆円弱の売却益を得て財務基盤が大きく改善する。

 米原発事業で巨額損失を抱えた東芝は昨年春、稼ぎ頭の半導体メモリー事業を分社化して売却する方針を表明…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1035文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]