メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡空港

国内線と国際線ターミナル結ぶバス専用道検討

保安ゲートが開くのを待つ福岡空港国内線と国際線の連絡バス=2018年5月17日午後4時53分、石田宗久撮影

西日本鉄道の倉富純男社長が明らかに

 2019年4月に民営化される福岡空港の運営事業者に選ばれた福岡エアポートホールディングスグループに参加する西日本鉄道の倉富純男社長が17日、空港敷地内に国内線と国際線のターミナル間を結ぶ連絡バスの専用道路を整備する検討に入ったことを明らかにした。現在の所要時間10~15分を5分程度に短縮し、乗り継ぎを改善する。

 また、増加する訪日外国人観光客に対応するため、国際線ターミナルに免税店を増やすなど商業施設を拡充し…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです