メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

商社とコンビニ

連携強化、相乗効果を図る戦略

 総合商社と大手コンビニエンスストアの協業が加速している。伊藤忠商事は4月に持ち分法適用会社のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)の子会社化を発表、三菱商事も子会社・ローソンをグループ経営の柱に位置付ける。小売りなど非資源分野を強化し収益安定化を狙う商社が、人手不足対策や海外展開を急ぐコンビニを支援することで、相乗効果を図る戦略だ。【今村茜、藤渕志保】

 伊藤忠商事は従来、ユニファミマHDの経営の自由度を優先する立場から子会社化に否定的だった。だが、ネット企業による買収の懸念が出たことで、1200億円を投じて株式公開買い付け(TOB)を行うことを決めた。鈴木善久社長は8日のアナリスト向け決算説明会で、「次世代ビジネスに進化させたい」と小売事業の収益拡大に意欲を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです