メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電

眼鏡端末で業務軽減 原子力、火力発電所の作業員

 東京電力ホールディングスは17日、最新の眼鏡型端末を使い、実際の風景に発電設備のマニュアルやデータが浮かび上がって見えるMR(複合現実)技術を通じた業務効率化の実験を始めた。火力や原子力の発電所で作業員の負担軽減や危険防止につなげる。2019年以降にシステムを実用化し、他電力などへの販売も検討する…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  4. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  5. ORICON NEWS 木村拓哉、文房具屋でオリジナルノート作り「裏表紙はぶっ飛んだのがよくない?」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです