メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU首脳会議

イラン核合意 米国抜きで維持方針確認

制裁に保護措置発動へ

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)は16、17日にブルガリアのソフィアで首脳会議を開き、米国のイラン核合意からの離脱などを巡って協議した。2019年3月に離脱する英国を含む加盟28カ国は米国抜きで核合意を維持する方針を改めて確認し、米国が再開する経済制裁から欧州企業を保護するための措置を発動する方針を決めた。

 欧州委員会のユンケル委員長は終了後の記者会見で「欧州企業を守る義務がある」と強調、18日にも米制裁…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです