メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段、七段昇段なるか 18日船江六段と対局

藤井聡太六段

 将棋の藤井聡太六段(15)は18日、七段昇段が懸かる第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝の対局に臨む。相手は船江恒平六段(31)。勝てば4組昇級が決まり、「連続昇級で昇段」の規定によりプロ入り後最速(1年7カ月)、最年少(15歳9カ月)の七段誕生となる。これまでの七段昇段記録(最速・最年少)は加藤…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  3. “松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談 全打席敬遠「タイムスリップしたらまたやる」 響く怒声、飛ぶメガホン(第3回)

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです