メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段、七段昇段なるか 18日船江六段と対局

藤井聡太六段

 将棋の藤井聡太六段(15)は18日、七段昇段が懸かる第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝の対局に臨む。相手は船江恒平六段(31)。勝てば4組昇級が決まり、「連続昇級で昇段」の規定によりプロ入り後最速(1年7カ月)、最年少(15歳9カ月)の七段誕生となる。これまでの七段昇段記録(最速・最年少)は加藤一二三九段(78)の期間2年8カ月・年齢17歳3カ月。

 藤井六段は2016年10月1日付でプロ入り(四段)し、今年2月1日、第76期名人戦順位戦C級2組優勝で五段に昇段。そのわずか16日後の同月17日、第11回朝日杯将棋オープン戦で初優勝して六段に昇段した。

 18日の対局は大阪市福島区の関西将棋会館で午前10時開始。持ち時間各5時間で、同日夜に決着する見込み。【新土居仁昌】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 葉山3人死傷ひき逃げ 懲役11年判決…横浜地裁
  3. 漫画喫茶殺人 フロア内追い回し刺す 名古屋
  4. 訃報 朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍
  5. 原爆投下時の映像 長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]