メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアのセクハラ被害

95% 1割弱「性行為強要」

会見する「性暴力と報道対話の会」発起人の山本潤さん=東京都渋谷区神宮前5の東京ウィメンズプラザで2018年5月17日、坂根真理撮影

 財務省の前事務次官によるセクハラ問題を受け、性暴力報道のあり方について被害者と報道関係者が専門家を呼んで勉強会を重ねる「性暴力と報道対話の会」は17日、メディア業界内のセクハラ被害についてアンケート結果を公表した。回答者のほとんどがセクハラ被害に遭い、1割弱が性行為を強要されるという深刻な実態が浮かんだ。

 調査はインターネットで実施し、4月24日から5月7日までに20~60代の記者やディレクターら男女1…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文669文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです