メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアのセクハラ被害

95% 1割弱「性行為強要」

会見する「性暴力と報道対話の会」発起人の山本潤さん=東京都渋谷区神宮前5の東京ウィメンズプラザで2018年5月17日、坂根真理撮影

 財務省の前事務次官によるセクハラ問題を受け、性暴力報道のあり方について被害者と報道関係者が専門家を呼んで勉強会を重ねる「性暴力と報道対話の会」は17日、メディア業界内のセクハラ被害についてアンケート結果を公表した。回答者のほとんどがセクハラ被害に遭い、1割弱が性行為を強要されるという深刻な実態が浮かんだ。

 調査はインターネットで実施し、4月24日から5月7日までに20~60代の記者やディレクターら男女107人(うち男性4人)が回答。被害を受けた102人は全員女性で、うち51人が10回以上の被害に遭っていた。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです