メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アムネスティ

LGBTへの差別禁止の法整備を要請

性的少数者(LGBTなど)への差別禁止を日本政府に求め、署名提出などを行ったアムネスティ・インターナショナル日本の中川英明事務局長(左から3人目)と活動家や自治体議員ら=東京都千代田区で2018年5月17日午後6時20分、藤沢美由紀撮影

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは17日、性的少数者(LGBTなど)への差別を禁止する法整備について法務省に要請した。署名4万5000筆も内閣府に提出した。

 要請は、性的指向や性自認などを理由とした差別の禁止や、同性カップルに異性間の婚姻と同じ権利を保障することなど。昨年5月からキャンペーンを開始し、116カ国から約4万5000筆、うち日本から4815筆の署…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです