メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

生身の痛み、共感訴え 「国は真実を」

 障害者らに不妊手術を強制した国の責任を問う一斉提訴が17日、札幌、仙台、東京の各地裁で起こされた。提訴に先立ち妻に初めて手術を告白し実名を明かした男性、中傷におびえ名前を伏せつつ「活動名」を名乗ることで生身の人間のつらさをわかってもらおうとしてきた女性……。原告3人が歩んできた人生は、旧優生保護法が1万6475人とその家族に刻んだ「罪の深さ」を象徴する。

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1581文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです