メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊一斉提訴

生身の痛み、共感訴え 「国は真実を」

 障害者らに不妊手術を強制した国の責任を問う一斉提訴が17日、札幌、仙台、東京の各地裁で起こされた。提訴に先立ち妻に初めて手術を告白し実名を明かした男性、中傷におびえ名前を伏せつつ「活動名」を名乗ることで生身の人間のつらさをわかってもらおうとしてきた女性……。原告3人が歩んできた人生は、旧優生保護法が1万6475人とその家族に刻んだ「罪の深さ」を象徴する。

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです