メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

貴乃花親方が初の正面審判長 夏場所初

 職務変更で大相撲夏場所から勝負審判を務めている貴乃花親方(元横綱)が5日目の17日、序二段と三段目の取組で今場所初めて正面審判長を務めた。物言いが付いた際にはマイクを握り、場内説明に臨んだ。理事時代には審判部長の経験もあり「あんなものでしょう」と淡々と話した。

     場内説明は2度あり、「ただいまの協議は軍配通り、東方力士の勝ちと致します」などと判定結果を述べるだけにとどまった。館内からは詳しい説明を求める声が上がったが「(説明は)それぞれの個性があっていい」と自然体を強調した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]