メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・大府の認知症列車事故死

遅延訴訟勝訴2年 認知症事故「救済を」 家族の思い乗せ、遺族男性が実名で講演

認知症になった父親が線路に入り死亡した鉄道事故でJR東海から損害賠償訴訟を起こされた長男の高井隆一さん=東京都千代田区で、宮間俊樹撮影

 愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。男性の長男は実名を公表して7年の介護とその後6年に及んだ裁判について各地で講演している。「1、2審判決に『ひどい』と声を上げてもらったおかげで逆転できた。私の経験が役に立つのならお伝えしたい」と話している。【銭場裕司】

 長男は高井隆一さん(67)。2000年ごろ、父が認知症を発症すると、妻が実家近くに転居するなど家族…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文775文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]