メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・大府の認知症列車事故死

遅延訴訟勝訴2年 認知症事故「救済を」 家族の思い乗せ、遺族男性が実名で講演

認知症になった父親が線路に入り死亡した鉄道事故でJR東海から損害賠償訴訟を起こされた長男の高井隆一さん=東京都千代田区で、宮間俊樹撮影

 愛知県大府市で列車にはねられて死亡した認知症の男性(当時91歳)の遺族がJR東海から約720万円の賠償を求められた裁判で、家族に責任はないとした最高裁の逆転判決から約2年。男性の長男は実名を公表して7年の介護とその後6年に及んだ裁判について各地で講演している。「1、2審判決に『ひどい』と声を上げてもらったおかげで逆転できた。私の経験が役に立つのならお伝えしたい」と話している。【銭場裕司】

 長男は高井隆一さん(67)。2000年ごろ、父が認知症を発症すると、妻が実家近くに転居するなど家族…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです