メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カミツキガメ捕獲大作戦!

収録に同行 あす放送・テレビ東京系「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」 身近な「宝箱」に興奮

佐倉城址公園の外堀に入る出演者。左から田村淳、(2人挟んで)あばれる君、田中直樹、的場浩司=千葉県佐倉市で

 池の水を抜いて、水中に何が潜んでいるかを調べるテレビ東京系「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」。昨年1月に特別番組として放送されると話題になり、4月から月1回(日曜午後7時54分)のレギュラー番組となった。記者が収録に同行し、人気の理由を探った。【井上知大】

 番組は日常の何気ない疑問から生まれた。2016年夏、東京都内の公園の池から遺体が発見されたニュースで「一部はまだ見つかっていない」と伝えるのを見て、テレ東の伊藤隆行プロデューサーは「池の水を抜けば見つかるのに」と思った。翌日、同僚とそんな話をするうち、番組にできないかと考え始めた。「普段から目にしている日常的なものが実は面白い」と言う。

 17年1月に初回を放送すると、全国から「うちの池の水も抜いてほしい」との依頼が相次ぎ、2回目以降へ…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1688文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. デビュー51年目の前川清が初の野外フェス 若者殺到に「天国とはこういう場所なのか」(スポニチ)
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 箱根山、噴火警戒レベル2に引き上げ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです