カムイノミ

ポーランド出身のアイヌ研究者供養 白老 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ポーランド出身の極東先住民族研究の先駆者、ブロニスワフ・ピウスツキ(1866~1918年)の没後100年の命日にあたる17日、胸像がある白老町の旧アイヌ民族博物館(旧民博)でカムイノミ(神への祈り)が行われた。全国から関係者が集まり、偉大なアイヌ研究者を供養した。

 ピウスツキは、1887年にロシア皇帝の暗殺未遂に加担した疑いで逮捕され、サハリンに流刑。1903年にアイ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

注目の特集