メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 集会所でカフェ、笑顔つなぐ いわき・災害公営住宅、渡辺さん転居へ /福島

元気でね「マスター」

 東京電力福島第1原発事故の避難者が入居するいわき市永崎の災害公営住宅「下神白(しもかじろ)団地」(200戸)の集会所で週2回カフェを開き、「マスター」と呼ばれて親しまれた富岡町出身の住民、渡辺貫一さん(70)が近く転居する。カフェは2015年9月に始め、20~30人が集まって話に花を咲かせる憩いの場として定着。渡辺さんは「違う町から避難してきた人が顔を合わせ、つながりを作ることができた」と振り返る。

 地元でタクシー運転手や建設会社員を務めた渡辺さん。コーヒーのいれ方は、避難所となった「ビッグパレッ…

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです