メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 新たに2人特定資料 県立歴史館で発見 /茨城

 旧優生保護法下での不妊手術問題で、県は18日、手術を受けた女性2人を特定する資料が公文書を保管する県立歴史館(水戸市)で見つかったと発表した。県内で手術を受けたのが確認されたのは、男女計21人となった。

 見つかったのは、2人の氏名や出生年が明記された1974年11月分の診療報酬の請求明細書。「優生…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 堺・大山古墳 調査、一般200人に報告 奈良・宮内庁担当者 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです