メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小山市

認知症事故、最大1億円の保険契約 来月新制度 高齢者の徘徊、損害賠償を助成 /栃木

 小山市は、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に事故を起こし、家族が損害賠償を求められた場合に最大1億円が支払われる保険に契約し、市民が格安の掛け金で補償を受けられる制度を6月から始める。同様の制度は神奈川県大和市が実施しているが、県内では初めて。認知症の人の家族の経済的不安を解消するためにサポートする。【野田樹】

 認知症の高齢者の事故で注目を集めたのは、愛知県大府市で2007年に認知症の男性(当時91歳)が東海…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  3. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです