メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小山市

認知症事故、最大1億円の保険契約 来月新制度 高齢者の徘徊、損害賠償を助成 /栃木

 小山市は、認知症の高齢者が徘徊(はいかい)中に事故を起こし、家族が損害賠償を求められた場合に最大1億円が支払われる保険に契約し、市民が格安の掛け金で補償を受けられる制度を6月から始める。同様の制度は神奈川県大和市が実施しているが、県内では初めて。認知症の人の家族の経済的不安を解消するためにサポートする。【野田樹】

 認知症の高齢者の事故で注目を集めたのは、愛知県大府市で2007年に認知症の男性(当時91歳)が東海…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1037文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]