メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

積善館/下 お湯の神様に見守られ /東京

 ◆積善館 群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236

危機乗り越え再出発

 「120年前、湯治客は人力車や徒歩でここに来ました。薬のない時代、みんな命懸けだったんです」。本館3階の和室で、19代目亭主の黒澤大二郎社長が説明する。プロジェクターからはモノクロの資料写真が映し出され、15人ほどの客から「へえー」と驚きの声が上がった。

 黒澤さんは前橋市出身で、創業家ではない。群馬県庁で主に企画部や総務部畑を歩んでいたが、たまたま知り…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文817文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 女の気持ち たった一つの実 山口県光市・初田照子(85歳)

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです