特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと首都圏・くつろぎの宿

積善館/下 お湯の神様に見守られ /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ◆積善館 群馬県吾妻郡中之条町四万甲4236

危機乗り越え再出発

 「120年前、湯治客は人力車や徒歩でここに来ました。薬のない時代、みんな命懸けだったんです」。本館3階の和室で、19代目亭主の黒澤大二郎社長が説明する。プロジェクターからはモノクロの資料写真が映し出され、15人ほどの客から「へえー」と驚きの声が上がった。

 黒澤さんは前橋市出身で、創業家ではない。群馬県庁で主に企画部や総務部畑を歩んでいたが、たまたま知り合った創業家の関係者から、長年の赤字経営による廃業の危機を知った。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文817文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集