文化審答申

旧川上家別邸、国重文に 各務原 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本初の女優で知られる川上貞奴(さだやっこ)(1871~1946年)の別荘だった各務原市鵜沼積寺町の「旧川上家別邸」が、国の重要文化財に指定される見通しとなった。文化庁の文化審議会が18日、文部科学相に指定を答申した。

 貞奴は、社会風刺のオッペケペー節で有名な演劇家、川上音二郎(1864~1911年)の妻。歌…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集