メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊問題 弁護士会、21日に無料電話相談 府も相談ダイヤル /京都

 旧優生保護法のもとで障害者らに不妊手術(優生手術)が強制されていた問題で、京都弁護士会が21日午前10時~午後5時、臨時無料電話相談(075・231・2500)を実施する。複数の弁護士が電話に応対し、本人や家族、知人からの相談を受け付ける。

 この問題での全国弁護団が27日に結成されるのに先立ち、問題意識を共有する各地の弁護士会や弁護士有志が計30~40カ所で同時に実施する「全国一斉電話相談」の一環。

 強制手術だけでなく、本人の同意を前提とした手術でも、本当に理解して同意したのかという問題があるため…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです