京都市美術館

壁に29の瞳 工事中“展示” /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
道行く人に視線を注ぐ、リニューアル工事中の京都市美術館の囲い=京都市左京区で、南陽子撮影
道行く人に視線を注ぐ、リニューアル工事中の京都市美術館の囲い=京都市左京区で、南陽子撮影

 「壁に耳あり障子に目あり」ならぬ、工事壁に目あり。リニューアル工事が進む京都市美術館(同市左京区)の北側に、人の目を引く写真作品が登場。美術館が収蔵する近代人物画の写真から切り取られた29の目が、岡崎公園を歩く現代人に視線を注いでいる。

 同市の美術家、岡本光博さん(49)の「MUSEUM, feel without seeing」(見ないで感じる美術館)と題した作品。岡本さんは…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

あわせて読みたい

注目の特集