メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市美術館

壁に29の瞳 工事中“展示” /京都

道行く人に視線を注ぐ、リニューアル工事中の京都市美術館の囲い=京都市左京区で、南陽子撮影

 「壁に耳あり障子に目あり」ならぬ、工事壁に目あり。リニューアル工事が進む京都市美術館(同市左京区)の北側に、人の目を引く写真作品が登場。美術館が収蔵する近代人物画の写真から切り取られた29の目が、岡崎公園を歩く現代人に視線を注いでいる。

 同市の美術家、岡本光博さん(49)の「MUSEUM, feel without seeing」(見ないで感じる美術館)と題した作品。岡本さんは…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 沢田研二さん 公演、直前に中止 「契約上の問題」と説明
  4. 仲畑流万能川柳 ママはなぜわかるんだろうボクのうそ
  5. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです