メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市美術館

壁に29の瞳 工事中“展示” /京都

道行く人に視線を注ぐ、リニューアル工事中の京都市美術館の囲い=京都市左京区で、南陽子撮影

 「壁に耳あり障子に目あり」ならぬ、工事壁に目あり。リニューアル工事が進む京都市美術館(同市左京区)の北側に、人の目を引く写真作品が登場。美術館が収蔵する近代人物画の写真から切り取られた29の目が、岡崎公園を歩く現代人に視線を注いでいる。

 同市の美術家、岡本光博さん(49)の「MUSEUM, feel without seeing」(見ないで感じる美術館)と題した作品。岡本さんは…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです