メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫缶

にゃんこと食べて幸せに あす発売 京丹後で祈願祭 /京都

猫缶の祈願祭に参列した広瀬啓子さん(左から2人目)ら=京都府京丹後市峰山町で、塩田敏夫撮影

 丹後の魚を使った「プレミアム猫缶」発売を前に、猫缶を通した猫と人の幸せを祈る祈願祭が18日、京丹後市峰山町の金刀比羅神社であった。人も猫も食べられる猫缶をアピールし、丹後名物を目指す。

 猫缶は、同市網野町浅茂川のしんきゅう師、広瀬啓子さん(44)が発案。丹後の魚を使い、おいしくて安全な猫缶を販売し…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです