メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫缶

にゃんこと食べて幸せに あす発売 京丹後で祈願祭 /京都

猫缶の祈願祭に参列した広瀬啓子さん(左から2人目)ら=京都府京丹後市峰山町で、塩田敏夫撮影

 丹後の魚を使った「プレミアム猫缶」発売を前に、猫缶を通した猫と人の幸せを祈る祈願祭が18日、京丹後市峰山町の金刀比羅神社であった。人も猫も食べられる猫缶をアピールし、丹後名物を目指す。

 猫缶は、同市網野町浅茂川のしんきゅう師、広瀬啓子さん(44)が発案。丹後の魚を使い、おいしくて安全な猫缶を販売し…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです