メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県WG 医療・福祉の対応論議 相談窓口周知を確認 /鳥取

強制不妊手術による被害者支援を話し合った鳥取県のワーキンググループ会合。中央奧は平井伸治知事=鳥取県庁で、阿部絢美撮影

 旧優生保護法に基づき障害者らが不妊手術を強制された問題に絡み、県は18日、庁内ワーキンググループ(WG)の3回目の会合を県庁で開いた。医療・福祉面での被害者支援のあり方について意見を交わした。【阿部絢美】

 この日の会合には平井伸治知事や関係部署の幹部ら計10人が出席した。被害者が体調不良を訴えている場合の検査費負担や、既存の福祉制度で支援が可能かどうかなどを今後検討することとした。県が設置している相談窓口については、改めて医療機関や障害者団体などへ周知することを確認した。

 メンバーからは、デリケートな問題でもあることから、個人情報の取り扱いや戸別訪問時の聞き取りに関して…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 堺・大山古墳 調査、一般200人に報告 奈良・宮内庁担当者 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです