メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩国基地爆音訴訟

控訴審 井原前市長ら原告陳述 「被害の実態明らかに」 /山口

 米軍岩国基地(岩国市)の周辺住民らが、国に騒音被害の賠償や空母艦載機部隊の移転差し止めなどを求めた「岩国基地爆音訴訟」の控訴審は18日、広島高裁(森一岳裁判長)で第5回口頭弁論が開かれた。前岩国市長の井原勝介さん(67)ら原告5人の本人尋問があった。

 井原さんは、1審の山口地裁岩国支部判決が、沖合移設後の新滑走路の騒音軽減効果を認めたことについて「機数…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです