メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島市立病院

医療過誤賠償 市が遺族に2355万円支払う /鹿児島

 鹿児島市立病院に入院していた女性(当時40歳)が不適切な治療で死亡したとして市に損害賠償を命じた判決の確定を受け、市は16日の市議会で賠償金2355万5000円を遺族に支払ったことを明らかにした。

 2014年10月の1審鹿児島地裁判決によると、女性は2009年9月6日、胸部の痛みを訴えて入院。7日に急性心筋梗塞(こうそく)の可能性を示す異常が見つかったが、医師…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

  5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです