鹿児島市立病院

医療過誤賠償 市が遺族に2355万円支払う /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿児島市立病院に入院していた女性(当時40歳)が不適切な治療で死亡したとして市に損害賠償を命じた判決の確定を受け、市は16日の市議会で賠償金2355万5000円を遺族に支払ったことを明らかにした。

 2014年10月の1審鹿児島地裁判決によると、女性は2009年9月6日、胸部の痛みを訴えて入院。7日に急性心筋梗塞(こうそく)の可能性を示す異常が見つかったが、医師…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

あわせて読みたい

注目の特集