メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

フェイクニュース対策 EU「偽」断定で波紋 「報道干渉だ」VS「情報操作対策」

フェイク(偽)ニュースを巡る主な動き

 一国の政治の方向や国際政治を左右しかねないとの懸念も広がるフェイク(偽)ニュース。その対策の難しさを浮き彫りにした事例が欧州で起きた。欧州連合(EU)が運営する偽ニュース検証サイトが、オランダメディアの記事を不当に「偽情報」と断定したのだ。「報道の自由への干渉だ」と批判が噴出したが、EUはサイト閉鎖などには応じていない。偽ニュースに向き合いながら、報道の自由をどう守るのか。公権力によるファクト(事実)チェックに一石を投じた論争を追った。【アムステルダムで八田浩輔】

 オランダの首都アムステルダム在住のクリス・アールバーツさん(40)は大学講師も兼任するフリージャー…

この記事は有料記事です。

残り2353文字(全文2638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです