メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

フェイクニュース対策 EU「偽」断定で波紋 「報道干渉だ」VS「情報操作対策」

フェイク(偽)ニュースを巡る主な動き

 一国の政治の方向や国際政治を左右しかねないとの懸念も広がるフェイク(偽)ニュース。その対策の難しさを浮き彫りにした事例が欧州で起きた。欧州連合(EU)が運営する偽ニュース検証サイトが、オランダメディアの記事を不当に「偽情報」と断定したのだ。「報道の自由への干渉だ」と批判が噴出したが、EUはサイト閉鎖などには応じていない。偽ニュースに向き合いながら、報道の自由をどう守るのか。公権力によるファクト(事実)チェックに一石を投じた論争を追った。【アムステルダムで八田浩輔】

 オランダの首都アムステルダム在住のクリス・アールバーツさん(40)は大学講師も兼任するフリージャー…

この記事は有料記事です。

残り2353文字(全文2638文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
  3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
  4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]