メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

年譜に書かれてない事件=保阪正康

上は5・15事件判決公判の光景(コラージュ・松本隆之)

ファシズムのけん引役に

 昭和のファシズム、つまり軍事主導体制への道を歩み、そして戦争にゆきつくまでの政治体制は、ある日突然できあがるわけではない。ある歌手の歌詞になぞらえるつもりはないのだが、ファシズムは「歩いてこない」、かといって走ってくるわけではない。デモクラシーの背中に張り付いていて、デモクラシーが息切れしてくると、さりげなく前に出て、それからゆっくりと歩きだす。

 ときどき激したように興奮状態になり、その感情を爆発させる。そして走りだしたりするのだ。

この記事は有料記事です。

残り1838文字(全文2068文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです