メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018春/5止 言葉が失われゆく 広島の原爆小頭症患者 岸君江さん(72)

好物のお菓子を食べながら、笑顔を見せる岸君江さん=広島県三次市で2018年4月19日、田中博子撮影

 おしゃべり好きだった岸さんから、言葉が失われてしまう……。広島県三次市の原爆小頭症患者、岸君江さん(72)の認知症が進行し、その不安が現実のものになっている。4月中旬、入所している市内の施設に赴くと、うつろな目で車椅子に座る姿があった。

 付き添っている長女(42)に尋ねると、「この前、異食したんです」と返ってきた。お茶の時間、造花をコーヒーにつけて口に入れるのを職員が見つけたのだという。認知症は思った以上に進んでいた。

 施設に入る2014年夏まで岸さんが暮らしていた棟割り住宅は、老朽化のため近く取り壊される。「荷物が…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです