メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

W杯ロシア大会 西野J、経験重視 代表候補に本田、香川ら27人

サッカー日本代表のW杯壮行試合ガーナ戦のメンバーを発表する西野朗監督=東京都港区で2018年5月18日午後1時22分、小川昌宏撮影

 日本サッカー協会は18日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた壮行試合のガーナ戦(30日、横浜・日産スタジアム)に臨む日本代表27人を発表した。経験重視の陣容で、長年代表を支えてきながら最近は出番が少なかった本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)らも選ばれた。W杯代表の23人はガーナ戦翌日の31日に決まる。

 協会がW杯に予備登録した35人から選ばれた。東京都内で記者会見した西野朗監督は「(コロンビアとW杯の初戦を戦う)6月19日に最高のコンディションになるであろう選手たちを予測し、招集した」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです