メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

W杯ロシア大会 西野J、経験重視 代表候補に本田、香川ら27人

サッカー日本代表のW杯壮行試合ガーナ戦のメンバーを発表する西野朗監督=東京都港区で2018年5月18日午後1時22分、小川昌宏撮影

 日本サッカー協会は18日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた壮行試合のガーナ戦(30日、横浜・日産スタジアム)に臨む日本代表27人を発表した。経験重視の陣容で、長年代表を支えてきながら最近は出番が少なかった本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)らも選ばれた。W杯代表の23人はガーナ戦翌日の31日に決まる。

 協会がW杯に予備登録した35人から選ばれた。東京都内で記者会見した西野朗監督は「(コロンビアとW杯の初戦を戦う)6月19日に最高のコンディションになるであろう選手たちを予測し、招集した」と話した。

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです