メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

蔡政権2年 進む米依存 中国圧力、3カ国が断交

 【台北・福岡静哉】台湾の蔡英文総統(61)は20日、任期4年の折り返しとなる就任2年を迎える。中国からの圧力で、就任後3カ国との断交に追い込まれ、外交関係がある国は過去最少の19カ国となった。昨夏以降、中国軍機による威嚇行為もエスカレートしている。蔡政権は、トランプ米政権との連携強化に望みを託す。

 中国は繰り返し、台湾を中国の不可分の領土とする「一つの中国」原則を認めるよう蔡政権に迫ってきたが、民進党の主席でもある蔡氏は党綱領に台湾独立が明記されていることを踏まえてこれを拒否している。

 しかし、中国の圧力で、西アフリカのサントメ・プリンシペ(2016年12月)▽中米パナマ(17年6月…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文734文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです