メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中協議

中国が対米貿易黒字削減で歩み寄り

協議は決着せず、交渉は今後も続行の見込み

 【ワシントン清水憲司】米中両政府は18日、ワシントンで「貿易戦争」回避を目指す2日間の貿易協議を終えた。米政府高官によると、中国は農産物やエネルギーなど米産品の輸入拡大や市場開放により、対米貿易黒字を削減する案を提示し、歩み寄りをみせた。ただ、協議は決着せず、交渉は今後も続くとみられる。

 米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長が米メディアに「中国は取引に出てきた。我々の要求を満たしつつある」と中国の歩み寄りを評価する考えを示した。ただ「中国は関税・非関税障壁を下げないといけない」と強調。中国による知的財産権侵害や企業に対する技術移転の強要についても「(こうした状況を)止めるため、検証可能なプロセスが必要だ」と述べ、なお課題が多いことも示唆した。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

  3. 大阪のIR誘致スケジュール見直しへ 事業者選定時期など 府と市

  4. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  5. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです