メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海

中国空軍が初めて爆撃機を着陸

 【ワシントン会川晴之】米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」は18日、中国空軍が南シナ海の西沙(英語名・パラセル)諸島のウッディー島に、初めて爆撃機を着陸させたと発表した。中国のソーシャルメディアなどが伝えたもので、H6K爆撃機が離着陸訓練を繰り返しているという。

 H6K爆撃機の航続距離は約1800キロ…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  2. 下半身露出の東京・港区議に罰金15万円の略式命令 川崎簡裁

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 全高18m、動く「実物大」ガンダムがついに横浜に 12月19日オープン

  5. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです