米高校乱射

「殺すために生まれた」のシャツ写真を投稿

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

容疑者17歳がFBに パソコン日誌に銃撃後の自殺計画も

 【サンタフェ(米南部テキサス州)長野宏美】米テキサス州サンタフェの高校で18日朝(日本時間同日夜)、銃乱射事件があり、アボット州知事は生徒ら10人が死亡、10人が負傷したと発表した。捜査当局はこの高校に通う男子生徒(17)を殺人容疑で拘束した。州知事によると、容疑者の生徒はパソコンや携帯電話の日誌に銃撃後に自殺する計画を記載していた。父親の散弾銃と拳銃を使用したという。

 現場は生徒数約1400人のサンタフェ高校。CNNテレビによると、銃撃は午前7時半(同午後9時半)の授業開始後に発生し、生徒9人、教師1人が死亡した。捜査当局は容疑者の生徒のほかにもう1人を拘束し、重要参考人として調べている。現場周辺や容疑者の自宅からはパイプ爆弾など複数の爆発物も発見された。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文800文字)

あわせて読みたい

注目の特集