メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
改正商法成立

120年ぶり見直し 六法すべて口語化に

 運送や海商に関する規定を見直す改正商法は18日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。運送や海商のルールの実質的な見直しは1899(明治32)年の商法施行以来約120年ぶり。商法は、主要な六つの法律(六法)で唯一カタカナ交じりの文語体表記が残っていたが、改正により六法は完全に口語化される。

 同法には「本法ニ於テ船舶トハ商行為ヲ為ス目的ヲ以テ航海ノ用ニ供スルモノヲ謂フ(この法律で『船舶』とは商行為目的で航海する…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文524文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです