メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR実施法案

審議綱渡り 国会延長論も

与党が想定する審議スケジュール

 自民、公明両党は18日の衆院議院運営委員会理事会でカジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案について、22日の本会議で審議入りすることを野党に提案した。安倍政権は成長戦略に位置付ける同法案の今国会中の成立を期すが、6月20日の会期末が約1カ月後に迫る中、審議は綱渡りとなりそうだ。自民党内では成立が困難になる場合を想定し、1週間程度の小幅延長論も出ている。

 「できるだけ早く審議がスタートできるようにしたい。この国会で成立を期すという基本的な考え方で臨んで…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです