メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

今国会承認が確定 衆院通過

 米国を除く11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認案が18日、衆院本会議で与党などの賛成多数により可決、衆院を通過した。憲法の定めにより6月20日までの今国会成立が確定し、国内手続きが前進。政府、与党は関連法案も会期中に成立させ、早期発効に弾みをつけたい考えだ。

 一連の手続きが完了すれば現時点でメキシコに続き2カ国目となるが、野党は茂木敏充経済再生担当相の不信任案を衆院に提出した。法案審議は中断しており、成立が遅れる可能性もある。

 TPPなどの条約批准に同意を与える承認案は、参院送付から30日たつと自然成立する。与党は会期末を見…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです