メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA再交渉

USTR代表「合意には程遠い」の声明

 【ジャクソン(米南部ミシシッピ州)清水憲司】米国とカナダ、メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉をめぐり、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は17日、「合意には程遠い」との声明を出した。農作物の市場開放などをめぐる隔たりが大きかった。米議会幹部は同日を大筋合意の期限としていたが、今後も交渉を続けることになった。

 ライトハイザー氏は声明で「知的財産権と農産物の市場開放について大きな差異がある」と指摘。自動車の関…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文647文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです