メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損保大手

2社減益 東京海上HDは最高益を更新

損保大手3グループの2018年3月連結決算

 損害保険大手3グループは18日、2018年3月期連結決算を発表した。米国のハリケーンなど、国内外の自然災害に対する保険金支払いが各グループとも大幅に増加。最終(当期)利益は、MS&ADインシュアランスグループホールディングス(HD)とSOMPOHDが6年ぶりに前年同期を下回った。東京海上HDは米国の法人税減税で小幅増益となり、最高益を更新した。

     昨年は8~9月に米国を三つのハリケーンが襲ったほか、メキシコ地震や米カリフォルニア州での山火事が発生。国内でも大型台風が相次いだ。国内外の自然災害に対する3グループの保険金支払総額は5151億円にのぼり、タイで大規模洪水被害のあった11年以来の規模に膨らんだ。

     一方、売上高に相当する正味収入保険料は3グループとも増えた。国内損保事業の主力となる自動車保険が堅調に推移したほか、労災やサイバー攻撃など企業の新たなリスクに備える保険の契約が増えたことも増収に寄与した。SOMPOHDは17年3月に米損保会社の買収が完了した影響で、11.9%の増収となった。

     19年3月期の業績予想は3グループとも、自然災害の規模が平年並みに戻ると想定し、増益を見込む。人口減少で国内市場が縮小する中、各グループは成長確保とリスク分散のため、近年は積極的に海外展開してきた。18年3月期はその打撃を受けた格好だが、「海外事業は成長領域。引き続き拡大していくのが基本的な考え方」(MS&AD)などと、各グループとも方針を維持する考えを示した。【竹下理子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR 大阪駅エスカレーターで女性ら3人転倒 病院に搬送
    2. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
    3. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
    4. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎
    5. じゃらんアワード 千葉の「ホテル ザ・マンハッタン」2冠 総合と接客・サービス /千葉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]