メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大立て看板

「価値のある景観の一つ」市立芸大で展示へ

京大生らの立て看板を運び出す京都市立芸術大の学生ら=京都市立芸術大3年、清水花菜さん撮影

 京都大の吉田キャンパス(京都市左京区)周囲で設置してきた立て看板を大学が市の景観政策に従って撤去し、学生らが反発している問題を巡り、立て看板を「価値のある景観の一つ」と評価する展示会「Re/Place(リプレイス)」が19、20の両日、京都市立芸術大(同市西京区大枝沓掛町)のギャラリーで開かれる。企画した芸大生らは「京大生らの手で年月をかけ、継承されてきた記憶装置で文化的表現だ」と主張している。

 美術科の小野川耀心(よしん)さん(22)とデザイン科の大伴維則(いのり)さん(21)が中心となり企…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文601文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです