メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
大相撲

「しっかり相手見て…」1敗守った鶴竜

鶴竜(左)がはたき込みで大栄翔を降す=東京・両国国技館で2018年5月18日、玉城達郎撮影

 大相撲夏場所6日目の18日、鶴竜は初顔の大栄翔を退け、1敗を守った。押し相撲が身上の相手の上体を、突っ張りで起こしてからのはたきが決まり、「しっかり相手を見て行けた」と納得顔。勝ち残りの土俵下では、かつて自身の付け人を務めた阿炎が白鵬から金星を挙げるのを見届け、「良い相撲を取ったね。成長したと感じた」と感慨深げだった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
    3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
    4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
    5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]