メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「しっかり相手見て…」1敗守った鶴竜

鶴竜(左)がはたき込みで大栄翔を降す=東京・両国国技館で2018年5月18日、玉城達郎撮影

 大相撲夏場所6日目の18日、鶴竜は初顔の大栄翔を退け、1敗を守った。押し相撲が身上の相手の上体を、突っ張りで起こしてからのはたきが決まり、「しっかり相手を見て行けた」と納得顔。勝ち残りの土俵下では、かつて自身の付け人を務めた阿炎が白鵬から金星を挙げるのを見届け、「良い相撲を取ったね。成長したと感じた」と感慨深げだった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
    2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
    3. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
    4. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
    5. 誘拐 女子高生を 「彼女にしたかった」 容疑で逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]