メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

巨人が競り勝つ 菅野は5勝目

五回、勝ち越しソロを放ち、ナインに迎えられる巨人・菅野=共同

 ○巨人6-3DeNA●(18日・東京ドーム)

     巨人が競り勝った。三回に坂本勇の3ランで逆転し、同点の五回は菅野のプロ初本塁打で勝ち越し。六回は代打・阿部の2点適時打で突き放した。菅野は6回3失点で5勝目。

     DeNAは先発の石田が踏ん張れず、3連勝を逃した。

     巨人・高橋監督 菅野は、投球は本調子ではない部分があったかもしれないが、それを取り返す一打になった。

    菅野、プロ6年目で初アーチ

     三回2死一塁。筒香の左越え2ランを見届けた巨人・菅野の表情は、ほとんど変わらなかった。30イニング連続無失点の自己記録まで、アウト一つと迫ったところでの失点にも「いつかは取られる」。気落ちするどころか、自らのバットで取り返すのだから、やはり並の選手ではない。

     直後の三回1死二塁で打席に入ると、内角球を中前へはじき返して坂本勇の逆転3ランをお膳立て。追いつかれて迎えた五回には、追い込まれてからの内角スライダーを思い切り振り抜く。「ただ来た球に反応した」。低いライナー性の打球は失速することなく左翼席へ飛び込み、プロ6年目で初アーチに。菅野は走りながら手をたたいて喜んだ。

     4月20日の阪神戦の九回からスコアボードに「0」を並べ続けた。自己記録更新をあと一歩で逃し、「目指すところはこんなところじゃない」と右腕は不満げだが、久々の失点から崩れることなく6回3失点。打つだけでなく、本職でも役目は果たした。

     投げて、打って、この日もチームをけん引した菅野。試合を決めた一発に、「また打ちたい、それくらいいいもんだなって思った」。いつもとはひと味違った勝利の喜びに浸った。【細谷拓海】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]