メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ロッテ谷保さん 場内アナウンス1700試合

プロ野球・ロッテで場内アナウンスを担当する谷保恵美さん=千葉市のゾゾマリンスタジアムで2018年5月18日、谷口拓未撮影

 プロ野球・ロッテの主催試合で場内アナウンスを担当する谷保(たにほ)恵美さん(52)が18日のソフトバンク戦(ゾゾマリン)で、1軍戦の担当試合数が通算1700試合に達した。「ここまで来られたのは周囲の支えがあったから。でも、まだまだこれから」と笑顔だった。

     北海道帯広市出身。球団入社2年目の1991年からアナウンスを担当し、28年目。声量豊かで独特の「伸び」を利かせたアナウンスは、本拠地の名物になった。初めての1軍戦はオリオンズ時代の同年8月9日にあった日本ハム戦(川崎)で、オリオンズの最後の試合も担当した。

     通算2000安打達成が間近に迫る福浦を、1軍デビュー当時から知る。「思い入れがある。記録達成のアナウンスがしたい」。通算の出場試合数で谷保さんを超えるロッテの現役選手は福浦のみ。長年、ともに戦ってきた仲間の偉業を待ち望んでいる。【谷口拓未】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
    2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
    4. 加計問題 獣医学部「首相『いいね』」 15年に理事長に
    5. アメフット 専門家に聞く 日大悪質タックル立件の可能性

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]