メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第10日 世界最大規模の映画見本市も曲がり角か

カンヌ国際映画祭の会場内で開かれた見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」の日本ブース。日本映画の海外での上映を目指してアピールする=フランス・カンヌで2018年5月12日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭も残すところあと3日。公式上映はまだ続きますが、会場内で開かれていた映画の見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」は一足早く、17日に閉幕します。

 「マルシェ・ドゥ・フィルム」はマルシェ(市場)の名の通り、映画の売買をする場です。世界の配給会社、宣伝会社などはここにブースを設け、自国の作品をアピールします。また、海外の作品を買い付けるバイヤーは、ヒットしそうな作品を探し、商談を進めるのです。

 多くの映画祭は、映画の売買をする場でもあるのですが、カンヌのマルシェは世界最大規模で、近年は約1万…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1128文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです