メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第10日 世界最大規模の映画見本市も曲がり角か

カンヌ国際映画祭の会場内で開かれた見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」の日本ブース。日本映画の海外での上映を目指してアピールする=フランス・カンヌで2018年5月12日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭も残すところあと3日。公式上映はまだ続きますが、会場内で開かれていた映画の見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」は一足早く、17日に閉幕します。

 「マルシェ・ドゥ・フィルム」はマルシェ(市場)の名の通り、映画の売買をする場です。世界の配給会社、宣伝会社などはここにブースを設け、自国の作品をアピールします。また、海外の作品を買い付けるバイヤーは、ヒットしそうな作品を探し、商談を進めるのです。

 多くの映画祭は、映画の売買をする場でもあるのですが、カンヌのマルシェは世界最大規模で、近年は約1万…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです