メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第11日 観客から2度の拍手 佐藤雅彦監督が施した仕掛けとは

「どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている」の公式上映会場に姿を見せた5人の監督と女優の黒木華さん(左から3人目)。左から2人目は佐藤雅彦さん、同4人目は川村元気さん=フランス・カンヌで2018年5月18日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭は18日、開幕から11日目を迎えました。最終日の19日は授賞式と記者会見が中心になるので、18日が実質的な最終日と言っていいでしょう。

 この日はコンペティション部門にノミネートされた作品の公式上映もありましたが、「短編コンペティション部門」の上映もありました。短編コンペ部門(全8作品)には、日本から「どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている」が選ばれています。上映会場には出演した女優の黒木華(はる)さんらがドレス姿で現れ、文字通り「華」を添えました。

 監督は、東京芸大大学院教授で、CMプランナーとしても活躍してきた佐藤雅彦さんと、映画「君の名は。」…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです