メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第11日 観客から2度の拍手 佐藤雅彦監督が施した仕掛けとは

「どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている」の公式上映会場に姿を見せた5人の監督と女優の黒木華さん(左から3人目)。左から2人目は佐藤雅彦さん、同4人目は川村元気さん=フランス・カンヌで2018年5月18日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭は18日、開幕から11日目を迎えました。最終日の19日は授賞式と記者会見が中心になるので、18日が実質的な最終日と言っていいでしょう。

 この日はコンペティション部門にノミネートされた作品の公式上映もありましたが、「短編コンペティション部門」の上映もありました。短編コンペ部門(全8作品)には、日本から「どちらを選んだのかはわからないが、どちらかを選んだことははっきりしている」が選ばれています。上映会場には出演した女優の黒木華(はる)さんらがドレス姿で現れ、文字通り「華」を添えました。

 監督は、東京芸大大学院教授で、CMプランナーとしても活躍してきた佐藤雅彦さんと、映画「君の名は。」…

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1318文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです